物を運ぶ仕事で私が体験したことがあるのは、昔運転手の仕事をしていた時にロール紙という大きな紙を運ぶ仕事をしたことがあります。

宅配の仕事でこんなものを運んだ!珍体験
宅配の仕事でこんなものを運んだ!珍体験

物を運ぶ仕事で私が体験したことがあるのは

物を運ぶ仕事で私が体験したことがあるのは、昔運転手の仕事をしていた時にロール紙という大きな紙を運ぶ仕事をしたことがあります。トラックも大型トラックで運ぶのですが、横幅いっぱいに積む荷物を2段まで重ねて運ぶのです。

まず難しいのが積むことなのですが、1本600キロから1000キロほどする重さなので、人間が積むのは困難な荷物ですので、クランプという特殊なフォークリフトで荷台の後ろにつけます。そこから押すように運び入れて一段目は終了、続けて2段目になると難しく、勢いを付けて奥まで押す作業になってきます。
重い時には2人で行う時もあります。荷物が横滑りで落ちないようにロープで固く結んで出発します。今度は降ろす作業が待っています。そこでの荷降ろしは紙と紙の間に上の段の荷物を落とすように少しずつとっていくのです。

その下限を間違えると、大事故につながる危険な時でもあります。私自身も足先を轢かれたり片手を潰されたりしたことがあります。

Copyright (C)2021宅配の仕事でこんなものを運んだ!珍体験.All rights reserved.